本文へスキップ

円山動物園のホッキョクグマ人気NO1

円山動物園LOVE

円山動物園maruyama-zoo

円山動物園 コラム

大通公園12丁目

「円山動物園-白くま」

2014年12月21日に誕生したデナリとララの赤ちゃんの性別が とうとう判明しましたネ♪

4月の身体測定と6ヶ月齢に成長した 現在の外観目視でやっと、メスという発表がされました。

分かるのが遅すぎですか?


大通公園

「円山動物園-シロクマ-赤ちゃん」

この日は、久々で円山動物園に行った7月10日だったのですが、この情報は家に戻ってからニュースで知りました。

残念です。だからSTV(札幌テレビ)のカメラが、ず〜っとシロクマの赤ちゃんを撮影していたんですね。

この日は久々の好天・・・気温も28度まで上がり、泳ぎ回るシロクマの赤ちゃんの水しぶきが、まぶしかったです。

ところでシロクマの赤ちゃん、本当にメスなんでしょうね。なんせ、2003年12月11日に誕生したツヨシは、ずっとオスだと思われていたのでツヨシという名前に

なったのですが・・・2005年釧路動物園に移りクルミとのペアで2世誕生が期待されていたのに、なんと2008年秋になって、ツヨシが実はメスだったことが分かりました。

円山動物園は観光にいいスポット!


ホッキョクグマ 性別

大通公園 風景

「円山動物園-人気者」

ホッキョクぐまの性別はそれぐらい雌雄の判断は難しいようです(*_*) メスと分かった今でも、ツヨシはツヨシという

名前で釧路動物園の人気者です。性別の判明に伴って円山動物園では、7月11日からシロクマの赤ちゃんの5つの愛称候補の中から一般投票が開始されました。

愛称候補@→「ノンノ」アイヌ語で花を意味します。花のように美しく育って欲しいという願いが込められたそうです。


ホッキョクグマ 母娘

大通公園 風景

愛称候補A→「リラ」父親のデナリと母親のララから一字ずつとり、また、札幌の木でもあるライラックのフランス語リラからきているそうです。 

愛称候補B→「ルイカ」アイヌ語の橋という意味で、ホッキョクグマ(シロクマ)の国際的な保全への架け橋になる事の願いが込められたそうです。 

愛称候補C→「レラ」アイヌ語の風という意味で、北海道の爽やかな風をイメージしたそうです。 

愛称候補D→「ハッチ」デナリとララにとって8番目の子供であり、呼びやすく可愛らしい語感からきているそうです。

 

赤ちゃんの名前が楽しみ


イベント会場

「投票期間8月2日(日まで)」

投票の期間は2015年7月11日(土)〜8月2日(日)までの23日間です。

投票方法は円山動物園内の第一レストハウスと動物園センター受付に備付けてある投票用紙に必要事項を記入して投票箱に投函してください。

円山動物園以外では札幌市内のコープさっぽろ・札幌トヨペットの店舗でも受付けていますよ。

一般投票が終わって、一番投票が多かった愛称に決まります。その後、シロクマの赤ちゃんの命名式が行なわれます。(予定では8月16日(日)だそうです。) 

投票の締切まで後2週間1番人気はどれでしょうネ(^_-)-☆

1番人気はどれでしょうネ

>>旭山動物園も楽しかったですネ<<